武蔵野地域自由大学
自由大学について
キャンパス紹介
科目一覧
自由大学履修対象科目
大学正規科目
  履修手続
寄付講座
五大学共同講演会
五大学共同教養講座
大学公開講座
自由大学講座
入学案内
Q&A
問い合わせ
トップページ
 
五大学共同講演会
ー五大学共同講演会バックナンバーはこちらー 
2018年度  
統一テーマ
 多様性と調和 ~「学び」がつなぐ五つの輪~
基調講演
生命は宇宙で生まれたのかそれとも地球か?
   ―最新の宇宙探査の成果とは―
日 時
10月5日(金)午後6時30分~8時 
場 所
武蔵野公会堂
定 員 350名
講 師

松井 孝(千葉工業大学・惑星探査研究センター所長)

講演要旨
生命の起源は地球なのか、宇宙なのかという根源的なテーマを明らかにするアストロバイオロジー研究の中で、現在、パンスペルミア説の見地から多様な研究が進められている。本講演では、それらの研究の一端である系外惑星やバイオポーズ、赤い雨細胞などの最新の研究成果と今後10年の惑星探査について講ずる。

亜細亜大学講演
デジタル化の進展とアジア・日本経済の将来
日 時

1010日(水)午後2時30分~4時

場 所
亜細亜大学
定 員 100名
講 師

後藤 康浩(都市創造学部教授)

講演要旨
世界的に製造業、サービス業でデジタル化が劇的に進行している。デジタル化で製品が高機能化、低価格化するとともに、IoTなど生産現場の改革も加速している。注目すべきはEコマース、電子決済、配車アプリなどサービスのデジタル化も急進展していることだ。アジアはその主戦場であり、アリババ、テンセント、華為など中国企業が先導し、日本は劣後しつつある。デジタル化で巻き返せるかに日本経済の未来がかかっている。

東京女子大学講演
フィールドワークでつながる、学ぶ
日 時

1012日(金)午後1時15分~2時45分

場 所
東京女子大学
定 員 100名
講 師

阿部 優子(特任准教授)

講演要旨

私はフィールドワーク手法を使って、東アフリカのタンザニア西部でひっそり話される「ベンデ語」という、辞書も文法書も文字で書かれた伝統もなかった言語の辞書や文法書、民話などのテキスト集を作っています。余所者がタンザニアの小さなコミュニティーに入り、人々からなかなか理解が得られない経験を経て、彼らと一緒にことばの再活性化活動をするに至るまでを、ベンデ人の文化や彼らが今、直面する問題などを織り交ぜながらお話しします。


成蹊大学講演
民事裁判の過程
日 時

1018日(木)午後2時55分~4時25

場 所
成蹊大学
定 員 100名
 講 師

西田 美昭(法科大学院客員教授

講演要旨
民事事件の裁判がどのような審理の経過を経て判決に至るのかということは、刑事事件の裁判の場合と比べると報道される機会が少なく、あまり知られていません。この講演では、民事裁判が、どのように審理されて判決が言い渡されるのかについて解明します。内容は、基本的なルールから、実際の法廷での審理の進み方、裁判官がどのように考えて判決を書いているのかまで、具体的な例を挙げて、わかりやすく説明します。

日本獣医生命科学大学講演
食による健康維持 ―免疫・アレルギーとの関係を中心に―」
日 時

10月19日(金)午後5時~6時30

場 所 日本獣医生命科学大学
定 員 100名
講 師

戸塚 護(応用生命科学部教授

講演要旨
世の中には健康にかかわる食の情報があふれています。私たちの健康維持には適切な食生活が重要であることは言うまでもありませんが、科学的根拠のある情報とそうでないものを見分けるのはなかなか難しいものです。本講演では、健康維持に役立つ食品である「機能性食品」について、特に私たちのからだを守る働きをする一方で、アレルギーや炎症にもかかわる「免疫系」を調節する食品に関する話題を中心として、科学的根拠をもとにお話したいと思います。

武蔵野大学講演
終末期と向き合う心
日 時

10月22日(月)午後2時40分~4時10

 場 所 武蔵野大学
定 員 100名
講 師

小西 達也(看護学部教授)

講演要旨

私たちは人生最期の日々とどのように向き合ったらよいのだろうか。また、周囲の人たち(家族や医療者など)は、そうした人たちをどのように支えたらよいのか。更には、そうした時を視野に入れた場合、それ以前の生をどのように生きるべきなのか。心のケアの専門職「チャプレン」として、米国や日本の病院、そして在宅医療の現場で、終末期の人々と関わってきた講師自身の経験を紹介する中で、そうしたテーマについて、共に考えていきたい。


対 象 どなたでも 
費 用 無料
締 切 平成30年9月14日(金)必着 ※募集は終了しました
申込み 以下の①~④のいずれかの方法でお申込ください。
「武蔵野市文化・スポーツ・生涯学習ネット」から申込
 ※自由大学学生の方は、自由大学学籍番号・パスワードを入力のうえ
  ログインしてお申込みください。
 ※インターネットでお申込の場合、抽選結果は各自申込サイトで確認して
  ください。(結果公開期間:9月25日(火)~各講演当日)
②自由大学学生の方は自由大学事務局へ電話(0422-30-1904)
③往復ハガキに[参加希望の講演番号<のいずれか。複数可>、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、生年月日、性別、自由大学学生は学籍番号]を明記のうえ、自由大学事務局「共同講演会」係へ郵送
④直接武蔵野プレイス3階自由大学事務局窓口へ(自由大学学生以外の方はハガキをお持ちください。)
当選された方
へのご案内
9月25日(火)頃郵送します。

※自由大学履修対象講座です。4回以上の出席で武蔵野地域自由大学独自の称号記(学位記)授与要件としてのポイント数「0.5」がカウントされます。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 このページのトップへ